珠玉の言葉

sara 桜羅インタビュー珠玉の言葉

お母さんのつばめ日記 - 安倍晋三氏からの言葉 -

安倍晋三氏に自身が書いた本を贈呈し、ご本人から直接御礼のサインをいただいた方がいる。「皆様のご健勝をお祈り致します。安倍晋三上田幸伺様」 その方、上田幸伺氏は ... more

sara 桜羅北海道読み物北海道物語のある町珠玉の言葉地域に貢献する事業

新渡戸稲造生誕160年記念映画

武士道で知られる新渡戸稲造は,夫人の萬里子と共に、1894年(明治27年)札幌に遠友夜学校という夜間学校を設立した。様々な事情で学校に行けない子供たちのために、 ... more

文化伝統そして日本のこころ読み物珠玉の言葉

ちよにやちよに

作家の白駒妃登美さんが、今の再生前夜の日本にぴったりの、すばらしい著書を世に送り出してくれた。題名は「愛の歌きみがよの旅 ちよにやちよに」。白駒さんの話を聞い ... more

sara 桜羅読み物珠玉の言葉自然/環境保護/SDGs

C.Wニコル氏が学んだ、日本の魂

誰しも、心の軸があると思う。それは親や恩師に教えられ、経験を重ねるうちに培われ、自分を見失わない心の軸。 2020年、日本をこよなく愛し、日本の森や自然を守り、数 ... more

文化伝統そして日本のこころ読み物文化・伝承珠玉の言葉

中村吉右衛門(歌舞伎俳優/人間国宝) 追悼  ― 男の度量とは ― 長谷川平蔵の妻・久栄に焦点を当て ―

2021年も「年の瀬」となった。先月亡くなられた中村吉右衛門さんを懐かしみ、鬼平犯科帳「むかしの男」を、長谷川平蔵の妻・久栄(ひさえ)に焦点を当てて書いてみた ... more

sara 桜羅読み物文化・伝承珠玉の言葉

中村吉右衛門(歌舞伎俳優/人間国宝) 追悼のお言葉

歌舞伎俳優で人間国宝の中村吉右衛門氏が、2021年11月28日にお亡くなりになられた。中村吉右衛門氏は時代劇「鬼平犯科帳」で馴染みが深い。この「鬼平」の主役、長谷川平 ... more

文化伝統そして日本のこころ読み物珠玉の言葉

甦る日本人の魂

【日本人の大和魂の特質について】 6年前の東日本大震災のとき、家族を失い、家を失い、全てを失って悲しみと絶望のどん底に落とされながらも、それでも、日本人は互い ... more

sara 桜羅読み物文化・伝承珠玉の言葉

清貧の思想 / 中野幸次

本を読み、人に学び、深める。そのことが如何に大事なことであるか、 中野幸次氏の「清貧の思想」に書かれている。 氏は、日本がバブル真っ最中で世の中が浮き立っている ... more

sara 桜羅読み物珠玉の言葉

「生くる」 執行草船(しぎょう・そうしゅう)

手に取った人に、生きる勇気を与えてくれる。 人は人により生かされていると、感じさせられる。 一言一言が心に沁み、そして心に刻まれた賢人の言葉。 人との縁により助 ... more

sara 桜羅読み物珠玉の言葉

文化勲章受章 中西 進 氏の心を打つ言葉

文化勲章受章の国文学者、中西 進 氏の珠玉の言葉。 「決定できないことは大きな問題ではない」 「人生とは、悩みに悩みつづける時間だといってもよい。 そのひとつひと ... more