インタビュー

栃木県益子在住の絵描き・加藤靖子さんインタビュー

赤、緑、紫、黄…。鮮やかな色彩で描かれる虫や魚、猫にイグアナ。
見ていると思わず笑みがこぼれるような、ユーモラスでカラフルな生き物の絵を描くのは、益子在住の画家・加藤靖子さんだ。
ビビットな色合いはすべて色鉛筆で表現されている。
個展を開くたびに作品が好評を得ている加藤さんに、
作品のこだわりや益子への思いをうかがった。

絵本から飛び出したようなユニークな生き物の絵。
その原点は、生まれ育った益子の自然

―――加藤さんの作品は、生き物がモチーフになっていることが印象的です。なぜこうした絵を描くようになったのでしょうか。

加藤 私の場合、生き物を描こうと決めて描き始めたというより、自然に描くようになっていたという感じですね。好きな生き物をもとに、空想を膨らませて描いています。
私は生まれも育ちも益子で、大学に入ってからの数年間をのぞいて、ずっと益子町に住んでいます。高校生までは町の中心部から少し離れた地区に住んでいたのですが、とても自然豊かな環境だったので、毎日、魚釣りや虫捕りばかりしていましたね。
特に虫は大好きです。色も模様も美しい。人はあれこれ思い悩んだりするけれど、虫は寡黙で純粋。虫は、私の作品に大きな影響を与えていると思います。今も、しょっちゅう実家の庭や近所を散歩しては虫の観察をしています。
それから、私の絵にはよくイグアナが登場しますが、これは子供の頃に飼っていたイグアナの影響ですね。13年間大切に育てましたが、数年前に死んでしまいました。イグアナの目は、感情はなく恐竜のようですが、とても印象的。他の生き物を描いていても目だけイグアナになってしまうこともあります。

―――加藤さんはご両親が陶芸家、おじいさまが画家であり陶芸家というアーチストご一家とのこと。絵を描くようになったのは、ご家族からの影響ですか。

加藤 祖父は東京で画家をしていましたが、益子が気に入って移り住み、陶芸を始めたのだそうです。祖父はいつも片手にスケッチブックを持ち歩いて、何か見つけるとすぐにスケッチしていました。私の両親が個展などで留守にするときは祖父母の家に預けられて、絵を描く祖父を身近に見ていました。祖父は口数が少ない人で、絵を教えてもらったことはありませんでしたが、私も絵を描くことが好きになり、中学、高校は美術部に、大学は栃木県の宇都宮市にある芸大に進みました。陶芸の道には進まず絵描きを目指すようになったのは、やはり祖父の影響があるでしょうね。
芸大では変わった人がたくさんいて、個性を出してもいい安心感があり、とても居心地がよく、さまざまな刺激を受けました。

―――加藤さんの作品の鮮やかな色は、色鉛筆で着色されているんですよね。色鉛筆を使うようになったのには、どのような経緯があるのでしょうか。

加藤 大学では日本画を専攻していました。日本画では岩絵具という鉱物の絵具を使うのですが、当時から今と同じような絵を描いていましたね。先生には日本画らしくないと怒られていましたが(笑)。
卒業してからも絵描きを目指して絵を描き続けていましたが、岩絵具はとても高価で気軽には使えない。それで色鉛筆を使い始めました。色鉛筆は硬いイメージがありますが、油分が多いものはクレヨンのように柔らかく、とても発色がいいんです。さらに私は力強く描く癖があるようで、このような色合いの絵になります。
岩絵具で描いていた頃はもっと暗い雰囲気の絵だったのが、色鉛筆で描くとカラフルで明るい絵になりました。油絵具やアクリル絵具と比べても、絵本のような雰囲気が生まれて、私の絵に合っているようです。

―――大学を卒業してからも画家を目指して絵を描いていたということですが、具体的にどのような創作活動をされていましたか。

加藤 卒業してから6年間は、大学のあった宇都宮でアルバイトをしながら絵を描くという生活でした。でもアルバイトの方が忙しくなってしまって絵を描く時間がなかなか作れず、たまの休日か、仕事が終わってからの深夜に描くなど苦労しましたね。
でも忙しい中でも、益子の陶器市にだけは、年に2回必ず参加するようにしていました。陶器市は、若い作家も自分の作品を発表できる貴重な場なんです。自分の展覧会を開けるようになるまでは、小さい作品を描きためては陶器市の路上で売るということを続けていました。

―――益子陶器市は、とても人気で、毎年たくさんの方が訪れるそうですね。

加藤 陶器市は今は、若い人を中心にどんどんいいものに変えていってくれて、素晴らしいアートイベントになっています。陶芸家だけでなくさまざまなジャンルの作家さんが作品を発表し、直接作家さんと出会えるとてもいい機会。木でテントを組んだり、実際のお店のようにきれいに作品を展示したり、皆さん工夫を凝らして作品を見せていて、とても素敵です。    
(※益子陶器市は2021年春は新型コロナウイルス感染防止のため中止。2021年秋の開催は10月30日〜11月3日の予定)

―――益子の陶器市で作品を発表しながら宇都宮で暮らしたのち、再び益子に戻って来られたんですね。

加藤 子供の頃は、正直言うと、益子が少し苦手なところがあったんです。知っている人だらけで、狭い世界のように感じてしまったりして。
でも、絵描きとして戻って来てみたら、益子は作家さんがたくさん住む独特な街だということに気づかされました。
私もですが、ものづくりの作家さんって少し変わっている人が多いと思うんです。不器用だったりずれていたり…。でも、益子にはそういうちょっと変わった作家さんがたくさん住んでいるから、私の話を分かってもらえるし、何かがやりやすく、生きやすい場所だなと感じます。芸大に通っていた頃に感じた居心地のよさと似ていますね。
さらに、1年中、あちこちで展覧会があって、作家さんが自分の作品を発表できる場がたくさんある。そして、町もそれを応援してくれる。そんな町、他にはないだろうなって思います。

―――最後に、今後の創作活動の展望をお聞かせください。

加藤 今後も、益子を中心に展覧会をできたらと思っています。そこからさらに活動を広げられたらとは思いますが、今はひとつずつ目の前のことを頑張っていこう!という感じですね。
少し前に、益子の知人に誘われて、アートのお祭りの一環で、2人の関係者の方と、ガラスに絵を描くワークショップに参加しました。人前で絵を描くのは苦手で断ろうと思っていたのですが、誘ってくれた方が本当にいい方で、挑戦してみることになりました。益子での人とのつながりが、活動の幅を広げているように感じます。
益子に戻ってきてから、作家さんだけでなく、いろいろな方とのつながりができて、好きな人がたくさん増えました。これまではずっと生き物が好きで、そればかりを描いてきました。でも最近は、人間も絵の中に出てくるようになっています。人間以外の別の形になってはいるのですが(笑)。
今は、まずは来年、益子での個展が決まっているので、それに向けて作品の構想を考え始めているところです。

プロフィール

2004年 文星芸術大学 日本画コース卒業
大学卒業後は、アルバイトをしながら創作活動を行い、年2回開催される益子町のアートイベント「益子町陶器市」にて小さな絵を販売。
2010年 もてぎ里山アートフェスタ 初参加ほか
2011年 益子町「益古時計」にて初親子展ほか
2012年 アートギャラリー「目白 FURO」にて3人展ほか
2013年 宇都宮「CAFE KENZO SUN」にて3人展、吉祥寺「東急」にて3人展ほか
2014年 那須「遊クラフト」にて3人展ほか
2015年 第41回現代童画店 初入選ほか
2016年 アートギャラリー「目白 FURO」3人展ほか
その他、多数のグループ展に参加

おすすめガイド