東京観光情報総合研究所 夢雨

北の玄関口~上野駅正面玄関

北の玄関口と言われる東京・上野駅は、ヨーロッパの大都市の駅同様「頭端式ホーム」を
持つ数少ないJRの駅です。始発・終着駅の趣きを残す駅舎は、荘厳なものを感じます。
13番線から始まるホームには、かつて寝台列車や常磐線の特急などの優等列車・長距離列車が
発車していました。
今では13.5番線という専用ホームがあり、観光列車の四季島が発車するところとなっています。

新幹線や航空機が旅行の主流となった今でも「駅」は物語を作り出す要素をたくさん秘めています。
昔は屋根を支える鉄柱も線路を使っていた駅も多数残っており、産業遺産巡りもできる場所と言えます。
古地図を見ながら観光することも流行っていますが、日本国内の駅、まだまだ新たな切り口の
観光コンテンツになる可能性がありますね。
バブル全盛期の深夜、タクシー乗り場に長蛇の列ができていたことを懐かしく感じます。

おすすめガイド