文化・伝承

国指定重要文化財「信濃秋山の民家(旧山田家住宅)」の修復費用をクラファン

大阪府豊中市にある「旧山田家住宅(信濃秋山の民家)」は掘立柱を残して茅壁で作られた江戸時代の建物としては、日本で唯一の建物です。時代の流れとともに建物の傷みが激しくなり、以前より修復を予定していました。修理工事には総額で7700万円という莫大な費用がかかります。

しかし、昨年からの新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、博物館への来館者数が激減。現在、修復に充てる費用の確保が大変厳しい状況となっています。

秋山郷の中でも最も古い建築様式で建てられた「信濃秋山の民家」を守り、後世に繋いでいくため、皆様のお力をお貸しください。なにとぞよろしくお願いいたします。

クラウドファンディングページはこちら(締め切りは2021年5月31日)

おすすめガイド